朝日建設株式会社 朝日建設株式会社
採用サイト

採用に関するご質問 採用に関するご質問 採用に関するご質問

採用に関するご質問

閉じる

先輩社員の声

VOICE

電気工事部
今村 純子
イマムラ ジュンコ

Q1.この仕事を選んだきっかけを教えてください。

学生の時に電気工事士の実地試験を受ける練習で、電線を結線したり、配電図を書いたりしているうちに楽しくなり、仕事としてやってみたいと思ったのがきっかけです。

Q2.普段はどんな仕事をしていますか?

現場の管理として、工事の進捗具合や材料の確認、安全に作業するための危険予知活動や現場内のパトロールなどをしています。

普段はどんな仕事

Q3.今までで一番印象に残っている仕事を教えてください。

街灯を建てるとき、夜間作業で、交差点を日中のように明るく照らして大きなクレーンで高さ10mもの照明柱が建てられていくのを見て「壮観だな~」と感動したのがいまだに印象に残っています。

Q4.学生の皆さんへのメッセージをお願いします。

つらい時や、一人ではどうにもならない時もありますが、それでも一生懸命にやって一つの現場が終わった時にはやり遂げた実感があります。一緒に頑張ってくれる仲間もいて、責任感を持ってやり遂げることが仕事だと思います。
電気は目に見えないのでわかりにくいとよく言われますが、ペンチやニッパー、ドライバーやナイフなど、いろいろな道具を駆使して工事し、電気がつく瞬間は楽しく、やりがいがあります。 そんな達成感を一緒に感じられる仲間になりませんか?

メッセージ

土木技術職
施工管理
川城 拓也
カワシロ タクヤ

Q1.この仕事を選んだきっかけを教えてください。

富山県の街づくりに貢献できる仕事がしたかったからです。
地元を出て大学への進学や就職をした経験から、ふるさとである富山への想いが強くなりました。地元に戻って、地元に貢献できる仕事がしたいと思ったのがきっかけです。

Q2.普段はどんな仕事をしていますか?

土木工事の現場管理をしています。
請け負った仕事の工程管理、品質管理、安全管理、出来形管理をするのが基本的な仕事です。

普段はどんな仕事

Q3.今までで一番印象に残っている仕事を教えてください。

41号線の山側の小糸道路の新設工事が一番印象に残っています。
施工したのはほんの一部ですが、自分たちが施工した現場とわかると楽しいです。
新しくできた道路を家族と通るのが、非常に楽しみです。

Q4.学生の皆さんへのメッセージをお願いします。

朝日建設は道路のライフラインを整えるのが主な仕事です。
自分が関わった工事が、富山のいたる所に完成していくことは楽しいと思います。足下の悪い中で仕事をすることもあり大変ですが、現場にはたくさんの人が来ますので、職人さんたちといろんな話ができるのも魅力です。
富山のことが好きでふるさとに貢献したいという方は、ぜひ一緒に、ライフラインの整備を通して、快適な富山の街づくりに挑戦しましょう。

メッセージ

土木技能職
建設機械オペレーター
老月 直人
オイヅキ ナオト

Q1. この仕事を選んだきっかけを教えてください。

昔、相撲をやっていて、体力には自信があったからです。比較的、力をつかう仕事なので、役に立っていると思います。

Q2. 普段はどんな仕事をしていますか?

建設機械のオペレーターをしています。
実際に道路を作っていく作業なので、自分たちが手掛けた道路を通るたびに誇らしい気持ちになります。

普段

Q3.今までで一番印象に残っている仕事を教えてください。

成子護岸堤防補強工事です。
普段あまり乗ることのない、0.7㎥や1.2㎥といった超大型の建設機械(バックホウ)に乗って掘削作業を行ったことが印象に残っています。
堤防補強工事は人々のいのちを守るための仕事と思うと、いっそうのやりがいと責任を感じて力がこもりました。

一番印象

Q4.学生の皆さんへのメッセージをお願いします。

仕事とは人の役に立つこと、「端(はた)を楽にする」こと、という弊社社長の名言があります。端を楽にする、というのは周りを楽にすること。この仕事は一人でできる仕事ではなく、みんなで協力して、ひとつのものを作り上げる仕事です。

朝日建設は舗装会社には珍しく20~30歳の若い人もたくさんいます。みんなで楽しくONE TEAMで、富山の道路づくりをしましょう。待ってます!

メッセージ
JOIN US
ENTRY
採用エントリーはこちら
インターンシップ申込はこちら
採用に関するお問い合わせはこちら